ローンを組むときは返済計画が一番大切!

ローンを組むとき一番大切なのは返済計画だ。

ローンを組むとき、一番重要なのは計画だ。目的もなしにローンを組むのは大きな間違いだと言えるだろう。このために借りるということをきっちりと決めたら、今度は返済のための計画だ。一番失敗するのはボーナスでの支払い額をどうするかと言うこと。ローンを借りた時点では全く問題が無かったにも関わらず、いざボーナス月になると、思っていたよりボーナスが低かったなんて事もある。それでもまだボーナスが出ればましだが、中には当てにしていたボーナスが無いなんて自体になると、いきなり返済計画は狂ってしまう。ボーナスは社会情勢や会社の景気で大きく変わってくるからだ。これだけなら間違いなく出るだろうと思ってローンを組むと、実際手にする金額はわずかばかりで、結局貯金を取り崩さないと払っていけないなんて事態に陥ることもある。そんなことを最初にきっちりと考えて、ボーナスは通常の支払い月と同じにしておくか、ほんの少しだけ多めにする程度にしておく方が無難だ。もちろん、ボーナス好きに多く返済すると、毎月の支払いは楽にはなるが、いざというときに事を考えておかないといけない。ボーナス月の返済予定が狂うと、毎月の支払いも難しくなる可能性もある。そうなって、ローンそのものの支払いが止まると、比序に大変なことになる。下手をすると会社にまでばれてしまうことになるかも知れない。ローンが止まると、当然のように取り立ての電話が来るはずだ。最初の内は自宅だけで済んでいたのが、未払いの状態が続くと、会社にまで連絡が来ることがある。相手も分からないように電話をしてくるようだが、あまりにもそのような事態が続くと、いつ会社にばれるかも知れないという恐怖で、仕事もろくに出来なくなる可能性もある。ローンは結局借金でしか無い。借金に追われて首が回らなくなることの無いように、ローンを組むときは一番最初の計画をきっちりと立てておくべきだ。それがローンの一番重要なことだと思う。

RECOMMEND